206: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/11(月) 06:20:43.75
こんな凄い修羅場話の後ですが、私の修羅場話…

私が26歳の秋、母親がくも膜下出血で倒れた。
脳血管攣縮から脳梗塞を併発したが、血流をよくする薬の投与が出来ず
見ている事しかすることがなかった。同時に水頭症も発症していた為
手術をする事になったが、手術の前日にくも膜下出血が再発した。
朝、母親を見舞ってから職場へ向かう途中に、携帯に連絡がきた時は心臓が止まるかと思った。

その後、再発したくも膜下の手術、水頭症の手術を無事に終え、無駄な足掻きと
担当医師に言われながら、リハビリの専門科のある病院に転院した。
転院先の医師や看護師、言語療法士の皆さんが丁寧にケアして下さったお陰で
母親は寝たきり確定と言われた状況から、介助は必要だが立つ事も
徐々にではあるが、自分で食事ととる事も出来るようになってきた。
家族皆で喜んでいた所で、今度は父親が脳梗塞になった。

病院に行った時には、発症してから数日経っていたようで
医師から、梗塞の場所が場所なので生きているのが不思議だと言われた。
結局、父親もリハビリの為に母親と同じ病院に転院したが
そこで父親が、数年前に心筋梗塞を起こしていて、心臓の6割の機能が
停止した状態である事と、食道付近に小さい大動脈瘤がある事が判明した。



207: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/11(月) 06:21:57.31
改行多すぎと叱られた…

現在は二人共自宅で過ごしているけど、当時は本当にキツかった。
母の家族は色々と複雑な関係で頼れなかったし
父の実家は母のことをよく思っておらずで関係も良くなかったし
相談する場所も分からず、金銭的にも本当に弟と二人で修羅場だった。

まぁ、母親の介護とかがあるので今もそんなに楽ではないけど
あの当時に比べたらまだ、マシだと思って過ごしてます。

208: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/11(月) 06:45:03.23
いや貴方も十分すごい修羅場だよ。
乙です・・・。市や県のサポート制度があるなら受けられるだけ受けていいと思う。

引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.net/live/1360371307/


PickUp!


みんなに読まれている記事

Sorry. No data so far.