161: 1/2 投稿日:2012/01/04(水) 11:44:50.43
二十年以上前の、私と両親の修羅場。

まだ私が幼稚園児の頃、両親、私、弟の四人で大きな公園に出掛けた。
そこには沢山の遊具があり、私たち姉弟ははしゃいでいた。
その遊具の中に、滑車がついたロープに掴まって
支柱に張ってあるロープの間を滑って遊ぶものがあった(説明が下手ですみません)
私たちはこれが大好きで、何回も滑って遊んでいた。
そのうち、父親が滑り始めのときに勢い良く押し出してくれた。
スピードがアップして滑っていくので、私たちは大喜び。
それを見た父は、今度は思い切り力を入れて私を押し出した。
物凄い速さで滑っていく私。
怖い、速い、どうしようと思っていると、気が付けば目の前に砂だらけの地面があった。
両親から後から聞いた状況によると、滑車はロープが張ってある対岸の支柱に激突。
私はその衝撃で放り投げられ、そのまま頭から落下。
再度地面でバウンドして、今度は顔から落下。
数秒間泣かず、動かなかったため、両親は私がタヒんだと思ったそうです。



162: 2/2 投稿日:2012/01/04(水) 11:51:53.28
その後、私が大泣きしたため、急いで私を背負って管理室に走り、救急車で病院へ。
頭を強打していることから、脊髄の損傷と脳へのダメージの可能性があったらしく、そのまま入院。
入院中は絶対に首を動かさないこと、起きあがらないことを告げられた。
その入院中も、吐いたら脳へのダメージがある可能性があると医師に言われているのに、
父の前で嘔吐したり(単に空腹過ぎるときに食事して気持ち悪くなった)
私が寝ている間は寝返りをして動かないように、母が一晩中押さえつけたりと、
両親にとっては修羅場の連続だったそう。
その後、私は特に後遺症もなく数日後に退院し、元気になりました。
それでも両親は、退院後も顔の傷は跡が残らないか、頭を打ってハゲたところに髪の毛は生えてくるか、
頭痛は後遺症かと心配は絶えなかったそうです。

163: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/01/04(水) 11:58:45.92
大事にならなくて、良かったね

しかしこれでもしタヒんだり、後遺症が残ったりしたら
お父さん…タヒぬまで修羅場つか、地獄の業火ものだった

166: 161 投稿日:2012/01/04(水) 12:14:16.59
>>163
入院中は父が泣きそうな顔で「ごめんね、ごめんね」と何度も謝るので、
「私が鈍臭いから遊具の手を離して怪我して、お父さんを泣かしている」と悲しくて、
「大丈夫だよ!痛くないよ!」と答えていましたが…
親にしたら余計に辛かったでしょうね。
母は後遺症が残ったら離婚していたと言っていました。
私にとってはトイレに行けず、オムツかベッドの上で排泄しなくては行けなくて、
「赤ちゃんじゃないのに」と凄く恥ずかしかったのが修羅場。

167: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/01/04(水) 12:20:21.82
>>166
確かに
お母さんの立場だったら、そうなるだろうなぁ
もちろん悪意がなかったのは解るけど、可愛い娘をタヒなせたり障害を負わせた相手と
夫婦は続けられないよ
お父さんもつらいし、お母さんもつらいし、お父さんを泣かせたと思ったあなたもつらかった
本当に大事にならなくて良かったね

引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.net/live/1325391400/


PickUp!


みんなに読まれている記事